ラピュタっぽいと話題の遺跡島の友ヶ島【和歌山県】 | WEBコンサルティングは大阪・東京のアトレ

WEBコンサルティング | 株式会社アトレ

  1. ラピュタっぽいと話題の遺跡島の友ヶ島【和歌山県】

スタッフブログ

Staff Blog

Topic

ブログ

ラピュタっぽいと話題の遺跡島の友ヶ島【和歌山県】

先日、友人とふらーっと和歌山に1泊で旅行に行ってきました。
1日目は、市街で、散策しながら飲み歩き。和歌山の新鮮な魚と肉とラーメン。
特にラーメンが美味しかったです!
和歌山ラーメン「まるイ」というお店なのですが、和歌山らしい「とんこつしょうゆ」のスープにてんこ盛りのネギ。
写真は撮り損ねましたが、ぜひ和歌山に行ったときはお立ち寄りください。

http://ramen-marui.com/

 

そして2日目。
旅行の目的だった無人島の「友ヶ島」へ。
友ヶ島は、明治時代以降に大阪湾にやってくる外国艦隊の侵略を止めるための要塞として日本軍に使用されていた島です。
戦後は、使用されなくなり、風化した要塞は今やラピュタっぽいと話題に。

友ヶ島には、加太港から船「ラピュタ号」で渡りました。
ラピュタっぽいと話題になっているだけあり、船もあやかったようなネーミングです。
http://tomogashimakisen.com/ryoukin.html

加太港から20分くらいで友ヶ島到着。

着いたら、このように自然が広がっており、いい感じ。
観光客が多すぎて、無人島感はないですが笑

 

島内を散策すると

このように遺跡ぽい建造物が。
戦後間も無く、2度と使用できないようにと爆撃を受けています。

海と自然と遺跡と。
少し異国の地に来たかのような風景。

トンネルの中は、地下へ続く階段も・・・・
懐中電灯が必須なので、暗いのが怖い人や、虫が苦手な人にはおすすめしませんが、
冒険心がくすぐられるので地下へも行ってみてほしいです。

 

友ヶ島は、割と広く、全部回るとなるとけっこう大変かもしれませんが、
ハイキングするに気持ちがよく、おすすめですのでぜひ、行ってみてください。

 

 

おまけ
途中、謎の生命体を見つけました。
これ何??????

この記事を書いた人