Japan Meeting 2013を終えて。 | WEBコンサルティングは大阪・東京のアトレ

WEBコンサルティング | 株式会社アトレ

  1. Japan Meeting 2013を終えて。

社長ブログ

CEO Blog

Topic

ブログ

Japan Meeting 2013を終えて。

先日はアカデミーヒルズで開催された世界経済フォーラム「Japan Meeting 2013」に参加させて頂きました。
$『究極のクリエイティブは、毎日を真剣に生きること』
オープニングでは、JustSmile!!インタビューでも取材させて頂いたHASUNAの白木夏子さんも若手代表として登壇されていました。
『究極のクリエイティブは、毎日を真剣に生きること』
そして、10時から安倍総理も登場し、アベノミクスについてスピーチ。
『究極のクリエイティブは、毎日を真剣に生きること』
自分の無知もあるのか、あくまでも“経済(マネー)の発展”を主体とした内容で共感できる部分は少なかった。
高齢者問題に関しては“高齢化だから子どもを生んでもらえるように”といった、子どもの命を経済発展の労働力として捉えているとも受け止められる部分には、もう一度、しあわせな社会の在り方を考えるいい機会になりました。
「65歳以上は労働力にならない」「それ以下の人たちが労働力」「〇〇年後には若者1人につき、高齢者〇人を・・・」などなどデータとか難しいことはあまりわからないけど、年齢とか関係なく、誰もが“生きがい”を持てる世の中になれば、そこには“働きがい”があり、自然と一人あたりの生産性が高まるんじゃないかな~なんて思った。
徳島県上勝町の彩りビジネスも良い事例の一つだと思う。また、僕の周りには70歳を超えても、めちゃめちゃ元気に活動されている方がたくさんいる。
初めから“高齢者は労働力にならない”と決める“こちら側”の考えではなく、今までの日本を創ってきてくれた、おじいちゃんおばあちゃんの笑顔いっぱいの人生が続くような機会をどんどん創っていくようなことをできないのかな。
そもそも、65歳以上の人たちが多い日本が問題なのか、経済の発展だけを追求しているような社会の仕組みが問題なのか。。
すごく大事なことだと思うので、なにかしらの形で取組んでいきたいと思った。
午後からは、様々なグループセッションなどが中心でWEF初の試みニコニコ動画の生放送されたセッションも。
『究極のクリエイティブは、毎日を真剣に生きること』
世界経済フォーラムの創設者クラウス・シュワブ氏とも半年ぶりにお会いできて、前回話した進捗の報告と、今後の気合い伝えた(笑)
また、僕が世界経済フォーラムにこうやって参加できるようになった原点でもある斉藤ウィリアムさんにもお会いできた。
『究極のクリエイティブは、毎日を真剣に生きること』
この人がいなければ、僕たちのコミュニティは存在しないし、あの時トイレで「ビルゲイツに会いたくないか?」と言われてなかったら、僕はこの場を体験することはなかった。
本当に、色んな人の思いが繋がってきて、いまの自分はあるということを、改めて振り返る機会にもなったし、自分も今はまだ見ぬ未来のあなたのために、努力を続けたいって思う。
そして、最後に驚きのユヌスさん!!
『究極のクリエイティブは、毎日を真剣に生きること』
まさか会えるとは思ってなかったので久々に興奮した!次回は対話できるくらいの自分でありたいな~。
終わってからは気の合う仲間と語り合い。
『究極のクリエイティブは、毎日を真剣に生きること』
とても充実した1日だったし、感じたことをひたすらやるのみ。

この記事を書いた人

後藤 将イメージ

後藤 将 代表取締役 CEO